mission企業理念

3つの経営理念「足元から”世界”を照らす」を実現するために

弊社は150年の間に、環境に合わせてさまざまに変化してきました。それは、これからも続きます。地域を盛り上げながら、ニーズに応えながら、地域の皆様と一緒に成長していきたい。そのために3つの経営理念を掲げています。

  1. 一人ひとりが
    仕事のプロになる

    ヤマサにとっての宝は「人財」です。我々一人ひとりがグラグラしているようでは地域やお客様を支えることはできません。そこで必要になるのは各事業部に所属するすべての社員が責任感ある仕事のプロフェッショナルとなり、個人としても組織としても能力を発揮できるようになることです。
    そのためには、知識と経験を蓄積する時間と、課題解決の場数、協力の場数を踏むことが重要だと考えています。また、各自が描く将来像についても、会社として実現できる環境やサポート体制を整え、安心してプロへの道を歩めるよう支援していきます。

  2. コミュニケーションを
    大切にする

    弊社では各事業部を独立採算の企業のような体制で運営しています。事業によってお客様も違えば、戦略も違うからです。単に縦割り・横串といったことだけでなく、お互いを知り、総合的な視点を持って事業に取り組むことで、他部署と比較できたり、多様な選択肢に気づいたりと、限定された人数や範囲で考えるより良いことが多いと思います。社外も同様です。
    これからも社内外のコミュニケーションを大切にして、地域で何が求められているのかしっかりと把握することに努め、地域での信頼を積み重ねていきたいと思っています。

  3. 飾り気のない
    リーディング・カンパニーを目指す

    我々が仕事のプロと認めていただけたら地域の皆様から「ヤマサに提案してもらおう」という機会が増えていくかもしれません。そのためには、自分のこと、自分たちのこと、自分たちは世の中に対して何を売り物としているのかを本当の意味で理解する必要があります。それは、自分・組織・提供価値を客観的に評価し成長させていくことになります。そうした意味で飾り気なく自分たちを、その周りを見つめ続けることは非常に重要です。そこから新しい、また芯のあるサービスを提供できて、さらにはそれをご支持いただけるような会社になれたら、最高ですし、さらなる活力になっていくはずです。

株式会社ヤマサでは、これからの10年を見据え、新たなミッションを作りました。それが「足元から“世界”を照らす」です。“世界”というのは「グローバル」を想起させますが、私どもでは、私どものお客様にとっての“地域”であり“暮らしの基盤となる世界”と考えています。
ヤマサの事業は建設、燃料、食糧、ドライアイス、通販と多岐にわたります。一見するとつながりはないように感じるかもしれませんが、どの事業も地域の、皆様の暮らしの礎や基礎となるものばかりです。礎や基盤という皆様の足元を支えていく事業を展開している私たちは、言わば縁の下の力持ち。しかし太陽のような愛や温もりをもってお客様の日常を見守っていきたいという思いから、このミッションを決め、そしてこのミッションを達成するために、上記3つの経営理念を掲げます。

常務取締役 北爪寛孝

ヤマサに変化の風と新たな価値観を

先代の大久保豊社長が事業を拡大し、大久保典昭現社長は整理・統合・充実という新たな変化をもたらしました。そしてまた私の仕事も次代における新たな変化を作り出していくことです。
これからは日本全体の労働人口が減っていくのは今さら言うまでもありません。少なくともそのことを見越した動きが必要です。そしてそれはヤマサだけではなく、地域全体が直面することです。我々は地域を盛り上げながら新たな時代に必要となるニーズに応えながら、新たなヤマサを地域の皆様と一緒に作っていく所存です。